スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジのジェノベーゼ、冷製パスタ

アジのジェノベーゼ、冷製パスタ

某イタリアンレストランでこの組み合わせを味わって以来、虜になった冷製パスタです。

冷製パスタといえば、トマトとバジル、モッツァレラチーズが有名ですが
よければ、これを試していただきたい!
アンチョビ系のおさかなパスタが好きな方なんかは特に!!
なので、普段は面倒くさがって書かない作り方も今回は頑張って書きます!

レシピ(2人前)
アジ(刺身用):1匹分
ジェノバソース:80ccぐらい?
エクストラバージンオリーブオイル:適量
塩コショウ:適量
粉チーズ:お好みで。
生バジル:適量
パスタ:80g×2人前分(1.4mm以下をおススメします)
(※パスタの分量は、80g(メイン料理つき)か100g(メインがパスタ)が適量らしいです。)

パスタを茹でるより先に、アジの下ごしらえ
アジを三枚におろしたら、骨をとって、薄めにスライス
最終的に2人前のパスタが入れられる大きさのボールにアジを入れて
塩コショウ、ジェノバペースト、オリーブオイルをいれて
味を馴染ませる。(冷蔵庫や冷凍庫で冷やす)

パスタを鍋に投入。
氷水を用意してください。
冷製パスタは、そうめんのように最後に氷水でしめるので
温かいパスタのように茹で時間を表示時間より短くするのではなく
表示時間まで茹でてみて食べて確かめてください。
ちなみに今回茹でたパスタは6分という表示時間でしたが
6分茹でた段階で、氷水でしめるとまだちょっと硬かったので長めに茹でました。
時間を見てザルに上げ、氷水でしめます。そうめんみたいにゴシゴシもむ必要はないかなとおもいます。

しめたパスタの水をよーーーーく切って、冷やしていた具材とあえます。
塩こしょうで味を調え、オリーブオイルも加えるとよいでしょう。
盛り付けて、粉チーズと生バジルを飾って出来上がり。
今回は、ジェノバソースの中にも生のバジルをちぎって入れています。
ジェノバソースは去年作ったものを冷凍保存していたものになるので
今年のバジルを加えることでフレッシュな風味が味わえているのではないかとおもってます。

せっかくの冷製ですから、あらかじめ、盛り付けようのお皿をひやしておくのもいいですね。

では。
今回は頑張ったー!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。