スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初!パテ・ド・カンパーニュ

久しぶりの更新です。

久しぶりにふさわしく?念願のパテを作りました。
パテ、テリーヌ、パテ。
言い方はどっちかだと思うんですが要はテリーヌ型で作ったオカズのことです。

2・3年前からいつかはパテを作りたい!と強く思ってました。
でも「肉、こねんのしんどいしな~」とか「肉、こねんの手かゆなるしな~」などという
へタレな理由から、結構な期間、遠ざかってしまってたんですが、
何きっかけだったのか。よく覚えてませんが一念発起でパテ作りにチャレンジすることになりました。

まずは本やネットのいろんなとこからレシピのベースを拝借。

おおまかなトコロはトリッパ作りでもお世話になってる
プロレシピブログ艸SOUの作り方 さんから。

テリーヌ!テリーヌ!テリーヌ!―ベビーフードになる、療養食にもなる。どこにもない、ここだけのテリーヌレシピ。テリーヌ!テリーヌ!テリーヌ!―ベビーフードになる、療養食にもなる。どこにもない、ここだけのテリーヌレシピ。
(2002/11)
沢田 豊水井 朋子

商品詳細を見る


この本を中古で買いました。


テリーヌとパテ教則本―古典から現代まで (旭屋出版MOOK)テリーヌとパテ教則本―古典から現代まで (旭屋出版MOOK)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


この本は専門的すぎるのと、お値段が高いのと、フツーに重いので本屋で立ち読み。

さてと。作ります。
初めてなのであまり冒険はせず、中身もシンプルに豚肉と鶏レバーのパテにしました。
レバーを買ったらハツもくっついてついてきたんで一緒に入れてしまいます。
(レバーとハツって繋がってるんですね、しらなかったーー)

備忘録もかねて以降は思い出しながら列記。
1,鶏レバー、ハツ、タイム、ローリエ、にんにく1かけをポートワインで1晩漬ける。
(けっきょく、2晩漬けた)
2,たまねぎ1/2個をあめ色になるまで炒める(あじつけはしない)
3,パン粉20gを牛乳でふやかす
4,豚挽き肉300g、全卵1個、パン粉、ブランデー(大さじ1ぐらい)、塩9g、
 叩いたレバーとハツ、しごいたタイム、みじん切りにしたにんにく
 冷ましたたまねぎを入れて、ひたすらこねる。
 コショウを入れ忘れないコト!
5,バーミックスのミンサーでチャレンジするが役立たず。
 普通のフープロがほしい。
 オーブンを180度に温める。トレイの7分目ぐらいに水を張って一緒に温めておく。
6,パウンドケーキ20cm型に少しだけ重なるようにベーコンをひく。
 (155g入った某スーパーのオリジナル商品だと完璧に枚数がそろう)
7,ピスタチオと松の実を入れて、またこねる。
8,生地を少量ずつとってパンパンはたく。空気を逃がした気分になったら
 パウンド型めがけて投げつける(笑)
 全量、型に入れたら、空気を逃がすようにして上から下へ落とす。
 (スポンジケーキ作るのと同じやね)
9,ベーコンでフタをして、タイムとローリエを添える。

パテオーブン前

これが、9番までの仕事。
ここまでしてやっとあることに気づきました。出来れば最後まで気づかなければ良かったんですが
会社の引き出しにmyコショーをしのばせてる私が、家ではGABANの業務用を常にストックしている、この私が、
(初めてにふさわしく)ブラックペッパーを入れるのを忘れてしまいました。
かなりショックです。一瞬、ベーコンひっぺはがしてこね作業からやり直してやろうかと思いましたが
めんどうくさくて 時間的な問題からあきらめて上に乗せることで今回はいいことにしました。

さて、気を取り直して再開。

10,パウンド型をアルミフォイルで覆い、オーブンに入れて1時間から1時間半ぐらい蒸し焼きにする。
むらを防ぐため40分ぐらいたったところで、型を反転させる。
11,(アルミホイルの上から)中央に竹串を差して熱くなっていたら取り出す
  あら熱が取れたら重石をする。(黒霧島チューパック1.8Lは重石にはちょっと重すぎた)
12,完全に冷えたら型からはずし、空気が入らないようにラップでぴっちり包んで冷蔵庫で1晩寝かせる。

パテ一日寝かせたあと

これが13番までの仕事。すでに美味そうです。食べてないのにすでに小躍りしています。
コレが食べたくてあたしはその日1日お仕事頑張ったのよ!と自分をほめてやりたくなります。


13,食べたい分厚さにカットする。赤ワインをあける。シンプルなパンを焼く。

パテきってみた。

きゃーーーー! きゃーーーー!誰かフランス人呼んでこーーいっ!
パテとPAULのパンと赤ワインがあるから!仏蘭西人よんでこーい!

超、超、まじで、美味かったっす。これが家で作れるなんて想像してなかった!
とは言いつつも、次回への課題が残ります。
・良い材料で作れば(たとえばベーコンとかレバーなんかは)もっと味に深みが出たのではないかと思う。
・ブランデーもサントリーのケーキマジック(笑:これコーヒーに入れる用でストックしてるやつ)じゃなくて
ちゃんとしたやつ使えば良いんかなぁ、マディラワインもほしいな・・・・
・適切な重量の重石をする
・なによりもっとちゃんとこねる。こねるのは必要だ。
・コショウを入れ忘れない。

以上。
パテ・ド・カンパーニュでお送りしました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。