スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキとアボカドのサラダ

1476
生食用カキとアボカドのサラダです。
冷蔵庫に眠っていた塩ポン酢ジュレなるモノがのこっていたので
それをぶっかけて
オリーブオイルと塩コショウです。

MASIの白ワインをいただいたので
そのあてに・・・・
うまかったー
スポンサーサイト

小豆島のうどん。坦々メン風に。

1474

小豆島の麺を坦々麺風に。
バリ美味かったです。
また作りたい。

ビーフも焼きますよ。

1475
アメリカンビーフでローストビーフを作りました。
これは下ごしらえ段階・・・
出来上がりの写真、どこいったんやろ・・・・

うまかったですよ

追記

探していた画像、発掘しました。
1478
だ、だめだ・・・
よだれが・・・・

焦がした・・・たまねぎ。

1463

ストウブ14cmのたまねぎ蒸しです。
時間がかかるのでほおっておいたら
焦がしてしまいました。
食べましたけどね。

こんな失敗よくします

京都で蕎麦

初音屋_そば2  tt初音屋_そば1
三連休は京都に行ってました。

京都の「初音屋」というところでお蕎麦を食べました。
http://tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26004575/dtlrvwlst/1339072/
まぁまぁでした。

店内に飾ってあった棟方志功風の絵がとても綺麗でした。

アスパラの豚肉巻き

1461

アスパラって良いの選ばないとぜんぜんおいしくない!とお思いになりませんか。
お安いアスパラはお肉でごまかしてボリュームアップして食卓へ出してしまいませう。

生のアスパラをお買い得の豚肉でぐるぐる巻いて
軽く塩コショウをしたら
ガスコンロのグリルで焼くだけです。

お肉でアスパラのうまみが閉じ込められていい具合に蒸されておいしいですよ。
おためしあれ

エッセイですけどね、いや・・・・

最近、お料理関連のエッセイをよく読みます。
で、コレ2作。


もの食う本 (ちくま文庫)もの食う本 (ちくま文庫)
(2011/12/07)
木村 衣有子

商品詳細を見る


千葉出身のライター、アラサー女子。
学生時代に京都市内に住んでいたらしいです、京都市内の人の京都イズム?的なものが
けっこう的確に語られています。
とりあげる本は森茉莉から江國かおりまで時代関係なく、
「牛を屠る」から「センセイの鞄」までジャンル問わずです。
着眼点はとってもいいんですけど、文体がね・・・・いけない。
非常に読みづらい。
随筆家と称されておられるようですが、どうなのでしょうか。
「さりながら」という接続語を多用しすぎにもほどがあるのです。
目に余る。読み進めていくうちに嫌気が差すほどです。
「さりながら」禁止令を発したいと思います。



夜中にジャムを煮る (新潮文庫)夜中にジャムを煮る (新潮文庫)
(2011/11/28)
平松 洋子

商品詳細を見る


つづいてこちら。
ご高名はかねがね・・・で、なんかのついでに本屋で購入。
この方の文章も読みづらかった・・・・まだ前挙よりはよかったですが
なれないと非常に辛いものがありました。
「もの食う本」の印象が強烈過ぎたせいかもしれません。
このかたも「さりとて」という言葉を多用するような気がしました。
(なんとなく感じただけですけどね)
全体的に夜中のラブレターっぽい雰囲気が漂ってます。
情熱で推敲せずに書き上げました!っていう。
ただ、食の書籍としては結構参考になりましたよ。
ほぉ~とかへぇ~とかふむふむとか。
水餃子のところは特に(写真つきだったのでよく分かった)

料理関連で読み応えのあるエッセイといえば
ケンタロウのは面白かったなー。
私、ケンタロウのレシピ本は一冊も持っていませんが
文庫のエッセイはもってます。あれは笑える。

リースリング


wiーnot? vol.2(2012 Nove 2012年秋、今飲むべきはこの白と赤! (メディアボーイMOOK)wiーnot? vol.2(2012 Nove 2012年秋、今飲むべきはこの白と赤! (メディアボーイMOOK)
(2012/09/25)
不明

商品詳細を見る


リースリング特集です。
赤はピノ・ノワールです。

この雑誌、最近創刊されたワイン専門誌らしいです。
ワインの美味さを違う視点で再認識させてくれる初心者にもわかりやすい内容です。

●編集部だけの自己満足、難解なワイン表現から脱却します。読者にとって分かりやすく、読めば紹介されているワインが飲みたくなる、本当の意味でワインがわかる表現を目指しています。


●読者は、ワイン初心者及びワインラバー
ワインに興味があるけれど、何をのんだらいいのかわからない、自分で選べるようになりたいワイン初心者から、ワインを深く愛している上級者までそれぞれのキモにささる情報も満載です。


だそうです。
保存版にしておきたい1冊ですが、満島ひかりの衣装が・・・・
(本の内容には関係ないことですけどね)
(むしろ、満島ひかり大好きなんですけどね)

ワイン雑誌は相変わらず高いな・・・・

15年以上のお付き合い

3
ポテトグラタン?です。
レンジでちんしたジャガイモにオリーブオイルをどっさりかけて塩とクロコショウとシュレッドチーズを。
オーブントースターで焦げ色がつくまで、ちん。

学生時分はこれをあてにスミノフライムとかズブロッカライムとか飲んでました。
貧乏だったので、炭酸を買う余裕もない。
ロックです。

失敗しようがない。

2
ひき肉ともやしの炒め物です。
ウーシャンフェンをちょっとだけふる。
ビールやご飯がすすむおかずです。

オルガネッティは美味い。

1

オルガネッティです。
スピガドーロのを昔買いだめしました。
歯ごたえが良く、形状が複雑でソースが絡みやすそうなのが特徴です。

今回は鶏肉のクリームソースです。

はぁ・・・もう11月ですねぇ

リースリング!!!~つばめ食堂~

ちょっと、人に会う前に一杯呑もう(笑)大阪・新梅田食堂街にあります、「つばめ食堂」さんへ。食堂とあるけど、スタンディングのワインバー。リースリングの白メインで営業されています。まずは、レーベンブロイで喉を潤します。蒸し暑い日。旨いです。フードメニューこの日は、自家製の燻製盛り合わせで。華やかな盛り付けで登場です。チーズ、たくわん、かまぼこ、うずらに秋の味覚さんまと多彩。特に、チーズとうずらが旨い。...
つばめ食堂 大阪・新梅田食堂街 瑞々しいワインで暑さを乗り切ろう



こんなお店を見つけました。
死んでも行く!這ってでも行く!ほふく前進でも行く!!!

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。