スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそば、たべてきました

ウチの近所のお蕎麦屋さんに行ったので写メ撮ってきました。

そば1

私が頼んだのは石臼?でお店でひいたそば粉のざるです。
一本一本が通常のより太めで歯ごたえがあり、みじかいです。
一番長くても器の簀巻き?の長さぐらいしかありません。

黒い蕎麦より白い蕎麦が好みなので、もしかしたら苦手な系統のかな~とおもいつつも
ひと口、ふた口・・・
食べるにつれて蕎麦のうまみがあとからあとからやってきます。なんか、とまりません。
おいしいです。

そば2

コレはツレが頼んだ鶏なんばん。たいていコレです。
スポンサーサイト

鴨肉。

鴨下ごしらえ

鴨肉をいつものように食べました。
コレは下ごしらえ中の写メ。
1ヶ170gぐらいの骨付き肉です。

焼き上がり


これは完成したときの写メ。
きのこ(まいたけ、ホワイトマッシュルーム、しめじ、しいたけ)にうずもれてよく見えない (´∀`)ケド
画像の4時方向ぐらい(-_-;)にある、マスタードが鴨です。皮面にぺっとり塗りこんでいます。
右端に見えるのは、ズッキーニ。
鴨をフライパンで焼いたときに出た油でズッキーニを焼いておいたものです。

味が少し濃い目・・・というか、少ししょぱかった(>_<) 無念です。

休日の朝食。

休日の朝食
突然ですが、うちはわりと朝食をちゃんととっているほうです。
パンかご飯かそばかうどんか・・・・何かしら一食分しっかりとってます。
前日飲みすぎて朝から食べる気がしないという日もありますけれど。

休日の朝は、大体朝昼兼用になりがちです。
家でパンかパスタか、そとにモーニングないしはランチを食べに出るといった感じです。

休みの日の家ご飯が和食だったりすることはほとんどないのですが
年に何度か、私が気が向いたときにそういう献立になるときがあります。

んで、今回は
・ごはん
・大根の葉っぱとシメジとたまねぎの味噌汁(冷蔵庫の片付け的な具材だ ^_^;)
・カレイの煮つけ
・貝割れハムまき
でした。

この貝割れ、近所で週3回ぐらいしかやってない野菜直売所で買ったんですが
シャキシャキで美味かったー!最近、スーパーで見かける貝割れ大根ってパックの半分ぐらいの背丈しかないじゃない気がする。あれはなに?あとの1/2は自分で栽培して大きく育たせてから食卓に出せってコトなの?なんて思ってしまいます。くらべてこの貝割れは本当に美味しかったなぁ~

カレイの煮付けは多分はじめて作ったんですけど(カレイは焼いて食べるのが常だったので)
ツレはカレイもおかわりご飯もおかわりするぐらい美味い美味いといってバクバク食べてくれました。
たくさん食べてくれるのは、作る側にしてみればうれしいことです。

wine買いました

wineかいました
楽天でワインを買いました。
カルチェロティントが売り切れでショック(ノ´Д`)だったんですが
けっこう前に飲んだヘクラもよかったんで、リピート。
巷でうわさのグラディウム?(グラディウスをおもいだします)も買いました。
白6本、赤9本の全部で15本です。
クロネコさん、いつもありがとうございます (((o≧人≦)

富山ブラック、作りました。

GW、いいお天気でしたね。
飛行機で、電車で、車で、みなさんいろいろお出かけされてるようで
旅先でみなさんボッタボタとお金落として地域経済に貢献してきましたか?

ということで、あんま関係ないですけど
最近巷間で流行のご当地ラーメンなるものを買ってみました。
富山のラーメンです。
富山ブラック

富山ブラックというんですけどね。
魚醤ベースと鶏がらスープの二刀流です。(プラス、お水は海洋深層水とかなんとか書いてありました)

スープだけちょっと試飲したんですが、スープの色からは想像できないほど
あっさりしててカツオだしっぽいいいカンジのやつが出てきてたので
富山のご当地ラーメンなんて・・・って思ってたんですが、買ってしまいました。

富山ブラックその2

作ってみました。
つーか、スープの色、濃っ!!! 塩辛そうでちょっと尻込みしちゃいます。
トッピングはシンプルに焼き豚、ねぎ、(ちょい煮た)卵、のり。
んで、作り方に書かれてある通りにブラックペッパーをがりがりと挽きます。

食ってみました。
あー あー 昔ながらの東京風の醤油ラーメン、中華そばに近いです。
私的にはいささか「しょっからかった」(しょっからい=富山弁で「塩辛い」)んですけど
ツレ的には塩分の度合いはノープロブレムでちょうどよかったみたいです。
最近、坦々麺だの何だのとガッツリ系ラーメンが多かったのでたまにはこんなのも良いですね。

中太ちぢれ麺でした。

日本酒でくいっとね。

かつおのたたき
かつおのたたきを作りました。
お店でたたきの短冊のを買ってきただけですけど。
薬味たっぷりでとっても美味しかったです。

・かつお(焼いてある短冊) 切って冷蔵庫で冷やしておく。
・たまねぎ1/2個 スライスして水にさらしておく。
・にんにく1かけ 横にスライスして芯の部分は楊枝で取り除いておく。
・しょうが適量 針生姜にしておく 
・青じそ5・6枚 千切りにしておく
・みょうが1個 千切りにしておく

・旭ポン酢 30ccぐらい
・白だし(めんつゆ) 5ccぐらい
・水 10ccぐらい

器に並べたカツオに玉ネギを刺身の"けん"のようにして盛って
青じそ、みょうが、しょうが、にんにくを並べる。
(みょうがの赤やにんにくの形状がちらほらと見えたほうが恰好付く気がします)
あわせダレをレンゲでまわしかけて

叩け! 叩け! 叩け~!
おいらにゃ~~~ けもののぉ~ ちがぁ~ さーわーぐぅぅ~~

とまぁ、軽く2・3発打ったら食卓へ。

副菜はこれまた(今気づいた)たたきキュウリです。
キュウリ1本を鍋を振り回して叩いたら、ひとくちサイズにブッちぎって塩もみしとく。
水を切ったら、しょうゆをひとまわし。仕上げにラー油を3滴ほど。
で、できあがりです。

伊勢に行ったときに買ってもらった日本酒と一緒にいただきます。
伊勢錦、美味いです。日本酒、あんまり飲まないので良くわかりませんけど
機会があればお店でもオーダーしたくなる辛口のいい感じなお酒です。

カツオのたたきも美味でした。
夏だね。

冷やしぶっかけすだちおろしつゆ

最近スーパーでよく見かけるんですが
ミツカンからでてる、これ↓

冷やしぶっかけすだちおろしつゆ

ミツカン新製品のご案内 
冷やしぶっかけつゆシリーズ 「すだちおろしつゆ」「担々麺つゆ」「焙煎ごまつゆ」
~1回使い切りタイプで、開封したての美味しさをお届け!~
株式会社ミツカン(愛知県半田市)は、「冷やしぶっかけ すだちおろしつゆ」「冷やしぶっかけ 担々麺つゆ」「冷やしぶっかけ 焙煎ごまつゆ」を、2月18日(木)より全国で新発売いたします。
冷やしぶっかけつゆ」は、開封したての美味しさをお楽しみいただける、1回使い切りタイプの冷たい麺専用ストレートつゆです。
本シリーズには風味の異なる3種類の商品があり、「すだちおろしつゆ」は、徳島産すだち果汁の爽やかな酸味が特徴です。「担々麺つゆ」は、ねりごまとすりごまの豊かなコクが特徴です。「焙煎ごまつゆ」は、深煎りした焙煎すりごまと粒の金ごまを使用した、ごまの香ばしい風味が特徴です。
なお、「すだちおろしつゆ」と「焙煎ごまつゆ」は冷たいうどん、「担々麺つゆ」は冷たい中華麺に最適です。
ミツカンは、近年売上げが伸張している麺専用つゆカテゴリーに、“1回使い切り”という新たな切り口の商品を投入することで、つゆ市場全体の活性化を図ります。



だそうです。夏の冷麺商戦にブッコミ!といったところでしょうか。
そうめんや冷やし中華じゃ芸がない。でも、冷製パスタも面倒だ。なーんて人々にうってつけ(ノ゚ρ゚)ノの商品をみつけました。
空腹マックスな私なら、迷わず坦々麺を選んでたでしょうが
買い物してたときは前日の酒が抜けきらぬ午前だったので、さっぱりいきたくて「すだちおろしつゆ」を購入しました。

柑橘系(レモン、ライム、グレープフルーツなど)が大好きなので問題ナッシングです。
ちなみに

1回使い切りのめんつゆです。
ストレートタイプなので水で薄める手間がいらず、そのまま麺類にかけるだけで手軽にお召し上がり頂けます。
徳島産すだち果汁と大根おろしをかつおベースのつゆに加えました。


え?大根おろし入ってんの?
入れたかったら自分で大根おろすから、最初から入れてほしくなかったな~
なんてぼやきながら作ったのがコレ。
すだちおろしうどん

麺は冷凍の讃岐うどんです。歯ごたえのある麺だし、冷水でしめるので、いつもより長めに茹でました。
パッケージでは具だくさん天ぷらうどんになってますけど、そんなの無理なので
かいわれ大根、青じそ、みょうが、天かす、みょうが、わかめ、おろししょうが、たたき梅。で、さっぱりといただきました。

おいしかったです。すだちの酸味が結構きます。
今度は胡麻つゆでも良いかな~

赤唐辛子、60本入り

以前もupした坦々麺のお店にいってきました。

先月の半ばぐらいに、10周年だかなんだかのお祝いで
赤・白・黒の坦々麺が3日間1杯500円という驚きの安さだったのですが
「オトナなんだから」と周囲に諭され(?)
断腸の思いであきらめて以来食べたくて食べたくて・・・・せつない思いが募るばかりでした。

やっと、行って来ました!
このお店に来たときはいつも赤唐坦々麺を頼みます。
赤唐は唐辛子マークが3つ着く辛いレベルのスープです。
辛さの中にゴマの甘みとクリーミーさがあって、お肉やラー油かな?の油分との調和が絶妙ないい感じのやつです。

注文するとき、大体お店の方に「辛いですけど大丈夫ですか?」と聞かれます。
「ええ、ハイ。大丈夫です(何回も食べてますから)」と答えます。
そうなんです、大丈夫なんです。辛いの平気みたいです。
辛さの度合いを他人と比較する際に私はよくココイチなん辛?と聞きますが
わたし、3辛食べますので。
先日も、タイカレーのお店で「辛いですから」とかかれてたメニューも美味しくいただきました。

そんなこんなで、調子に乗って頼んでみました。

灼熱炎激辛赤担担麺食べる前

その名も 灼熱炎激辛赤担担麺!
ちょっと、赤唐辛子浮きすぎじゃないですか!何本入ってんのよっ!
そんなにいらないわよ、頼んでないわよ!
頼んでおきながら、食べる前から弱腰です ^_^;
(辛すぎたときの保険でとろタマゴのトッピングをしてしまいました)
でもまぁ、頼んだ手前食べないわけにもいかないので
いざ、出陣!

あ、ん、ああああ~ 食べられます!
辛いけどゴマの甘みが感じられて良いですよ。
辛いけど、美味いですよ。
タマゴもいい感じですよ。タマゴ自体にもうちょっと味があればなおいいんですけど。


で、けっきょくなんだかんだ言っておきながら完食しました。
完食したあとは、楽しみにとっておいた唐辛子の本数の勘定をします。
いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろーく・・・・レンゲに10本乗せてはツレの器に引越しすること都合6回。

灼熱炎激辛赤担担麺食べきった

一人前、およそ60本の唐辛子が入ったラーメンでした。
器の中は二人前で120本唐辛子が入ってます。
こんなの見たことないわ・・・・つか、自分で食べといて何やけど逆にひくわ(苦笑)

でも、美味しかったです。
辛いのイける方はぜひチャレンジしてください。

初!パテ・ド・カンパーニュ

久しぶりの更新です。

久しぶりにふさわしく?念願のパテを作りました。
パテ、テリーヌ、パテ。
言い方はどっちかだと思うんですが要はテリーヌ型で作ったオカズのことです。

2・3年前からいつかはパテを作りたい!と強く思ってました。
でも「肉、こねんのしんどいしな~」とか「肉、こねんの手かゆなるしな~」などという
へタレな理由から、結構な期間、遠ざかってしまってたんですが、
何きっかけだったのか。よく覚えてませんが一念発起でパテ作りにチャレンジすることになりました。

まずは本やネットのいろんなとこからレシピのベースを拝借。

おおまかなトコロはトリッパ作りでもお世話になってる
プロレシピブログ艸SOUの作り方 さんから。

テリーヌ!テリーヌ!テリーヌ!―ベビーフードになる、療養食にもなる。どこにもない、ここだけのテリーヌレシピ。テリーヌ!テリーヌ!テリーヌ!―ベビーフードになる、療養食にもなる。どこにもない、ここだけのテリーヌレシピ。
(2002/11)
沢田 豊水井 朋子

商品詳細を見る


この本を中古で買いました。


テリーヌとパテ教則本―古典から現代まで (旭屋出版MOOK)テリーヌとパテ教則本―古典から現代まで (旭屋出版MOOK)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


この本は専門的すぎるのと、お値段が高いのと、フツーに重いので本屋で立ち読み。

さてと。作ります。
初めてなのであまり冒険はせず、中身もシンプルに豚肉と鶏レバーのパテにしました。
レバーを買ったらハツもくっついてついてきたんで一緒に入れてしまいます。
(レバーとハツって繋がってるんですね、しらなかったーー)

備忘録もかねて以降は思い出しながら列記。
1,鶏レバー、ハツ、タイム、ローリエ、にんにく1かけをポートワインで1晩漬ける。
(けっきょく、2晩漬けた)
2,たまねぎ1/2個をあめ色になるまで炒める(あじつけはしない)
3,パン粉20gを牛乳でふやかす
4,豚挽き肉300g、全卵1個、パン粉、ブランデー(大さじ1ぐらい)、塩9g、
 叩いたレバーとハツ、しごいたタイム、みじん切りにしたにんにく
 冷ましたたまねぎを入れて、ひたすらこねる。
 コショウを入れ忘れないコト!
5,バーミックスのミンサーでチャレンジするが役立たず。
 普通のフープロがほしい。
 オーブンを180度に温める。トレイの7分目ぐらいに水を張って一緒に温めておく。
6,パウンドケーキ20cm型に少しだけ重なるようにベーコンをひく。
 (155g入った某スーパーのオリジナル商品だと完璧に枚数がそろう)
7,ピスタチオと松の実を入れて、またこねる。
8,生地を少量ずつとってパンパンはたく。空気を逃がした気分になったら
 パウンド型めがけて投げつける(笑)
 全量、型に入れたら、空気を逃がすようにして上から下へ落とす。
 (スポンジケーキ作るのと同じやね)
9,ベーコンでフタをして、タイムとローリエを添える。

パテオーブン前

これが、9番までの仕事。
ここまでしてやっとあることに気づきました。出来れば最後まで気づかなければ良かったんですが
会社の引き出しにmyコショーをしのばせてる私が、家ではGABANの業務用を常にストックしている、この私が、
(初めてにふさわしく)ブラックペッパーを入れるのを忘れてしまいました。
かなりショックです。一瞬、ベーコンひっぺはがしてこね作業からやり直してやろうかと思いましたが
めんどうくさくて 時間的な問題からあきらめて上に乗せることで今回はいいことにしました。

さて、気を取り直して再開。

10,パウンド型をアルミフォイルで覆い、オーブンに入れて1時間から1時間半ぐらい蒸し焼きにする。
むらを防ぐため40分ぐらいたったところで、型を反転させる。
11,(アルミホイルの上から)中央に竹串を差して熱くなっていたら取り出す
  あら熱が取れたら重石をする。(黒霧島チューパック1.8Lは重石にはちょっと重すぎた)
12,完全に冷えたら型からはずし、空気が入らないようにラップでぴっちり包んで冷蔵庫で1晩寝かせる。

パテ一日寝かせたあと

これが13番までの仕事。すでに美味そうです。食べてないのにすでに小躍りしています。
コレが食べたくてあたしはその日1日お仕事頑張ったのよ!と自分をほめてやりたくなります。


13,食べたい分厚さにカットする。赤ワインをあける。シンプルなパンを焼く。

パテきってみた。

きゃーーーー! きゃーーーー!誰かフランス人呼んでこーーいっ!
パテとPAULのパンと赤ワインがあるから!仏蘭西人よんでこーい!

超、超、まじで、美味かったっす。これが家で作れるなんて想像してなかった!
とは言いつつも、次回への課題が残ります。
・良い材料で作れば(たとえばベーコンとかレバーなんかは)もっと味に深みが出たのではないかと思う。
・ブランデーもサントリーのケーキマジック(笑:これコーヒーに入れる用でストックしてるやつ)じゃなくて
ちゃんとしたやつ使えば良いんかなぁ、マディラワインもほしいな・・・・
・適切な重量の重石をする
・なによりもっとちゃんとこねる。こねるのは必要だ。
・コショウを入れ忘れない。

以上。
パテ・ド・カンパーニュでお送りしました。

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。