スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩鮭とジャガイモのグラタン

塩鮭とジャガイモのグラタン
お祝い事の食卓に一緒にだしたグラタンです。
祝われ側のリクエストによりグラタンを作りました。

冷蔵庫に甘塩サケが残っていたので、アレンジできないか考えてたらコレにいたりました。

 ホワイトソースは小麦粉を炒るところから、まじめに作りました。
 塩鮭なので塩分は考えて調理。マッシュルームも入れてます。
 ジャガイモは面倒くさがらずにちゃんと茹でて厚めのスライスに。
 
1/2量のホワイトソースと具材を和えておく。
耐熱容器にオリーブオイルをぬって、和えた具材を広げる。
上からホワイトソースを乗せて、パン粉・チーズ、を順次適量載せていく。
最後にオリーブオイルをひとかけまわし。

220度ぐらい?にあたためたオーブンにいれて
チーズの表面に焦げ目が軽く出来るていどまでやく。

あとは、喰らいつく。
んーっ ぶぉ~の。
スポンサーサイト

にくじゃが。

肉じゃが
肉じゃがなのに、ニンジンを入れません。
それは食べる側の人間がニンジンを食べたいと思わないからです。

そりゃ、そうだ。

この、にくじゃがはたぶん◇テレビ東京・男子ごはん9月7日放送のレシピからだったと思う。
あー、この肉・・・・美味そうだな。
肉も美味そうだけど、たまねぎも美味そう。

つくったことはもう忘れてしまって、改めて見てまうわー。

ラム フレンチラック8リブ

ラムつながりです。

コレは、お祝い事があったので作りました。
さすがに8本もあると2人では食べきれない・・・・デス。
お肉はネットショッピングで購入しました。

 前日から冷蔵庫で解凍して、当日は6時間ぐらい前に
 冷蔵庫から取り出して常温に戻ったら多めに塩コショウする。

 ハーブはタイム(ドライ枝つき)、ローズマリー(ドライ)、オレガノをたっぷり使い、
 馴染ませたらEXV(ニンニク・とうがらし)オイルでマリネしとく(3時間)
 温めたフライパンに少しオイルをひいてラムの両面に焼き目を短時間でつける

 焼き目がついたら、弱火に落として、でてきた肉汁とオイルをラムにかけまわす(30分以上)
 肉の弾力を確かめて、火が通り過ぎないようにする。

 きのこ系の野菜も一緒に。長時間、弱火ソテーしたきのこは美味い。
 肉を取り出して、赤ワインを注いでソースを作るのだけど
 (微妙に火事を起こした。ぴこぴこ、作動しなかったぞ)
 ソースは火をつけなくても余熱で十分出来ることが判明。

ラム_フレンチラック8リブ

 ・・・出来上がり、あとは喰らいつく。

ラム_フレンチラック8リブ_断面.

美味ーーーーっ!
レアすぎかとも思いましたが
ワインとよくあってとても美味しかったです。
ラム臭さもハーブのおかげでか
まったく臭さを感じなかった!

お祝い事だったのでスパークリングを飲みました
最近、知ったロゼです。
ロジャーグラートロゼ
文句なし、美味でした。



ペルシャ料理

外ごはんです。
年に1・2回でしょうか。
とあるペルシャ料理店に行くことがあります。
tabeLog

初めていったときに食べた、いまもうないのですが
タンシチューがもーーーーーぬぉーーーすごく美味でして
それからはなんとなく通っています(←失礼な ^_^;)

ビーフのシシカバブです。
期待を裏切らない、ストレートな味でビールがすすみます。
ペルシャ_ビーフシシケバブ

これは骨付きラムの煮込み・・・・だったかな。
ペルシャ_ラム
美味だったー

また行こうっと。
あ、そういえば、ここの店員さんものすごく日本語が流暢でビックリした。

テーブルパン

パン作りは超ド素人です。
(まー、ほかのが玄人だとは口が裂けてもいいません、思ってもいません)
1・2度、人に教わってシンプルなパンを作ったことがありますが
それ以来は家で丸パンづくりばっかりです。

先日は2日続けて丸パン作りでした。
発酵前。
テーブルパン発酵前

発酵後。
テーブルパン一次発酵後
一次発酵のガス抜きをする、
しっとりしてる中に拳骨を埋め込むのが
なんだか気持ちいいですよね。

しまった、出来上がりをとり忘れた。
素朴な仕上がりで、美味でしたよ。

MUJIチキンカレー

MUJIチキンカレー
今ではもうない、無印良品の手作りキットです。
本格的にスパイスが調合されたもので作る、トマトチキンカレーになります。
手羽元を使いました。
美味しかったですよ。
最近は、クミンやカルダモンなしのカレーにインパクトを感じなくなってきています。
スパイスを感じられないのはカレーじゃねぇ( `Д´)yといきまく感じです。

美味しかったです。

つばいそ。

お刺身にも出来るツバイソ(半身)を買いました。
関西ではツバスといいますね。
地方によってオサカナの名称が変わるのって面白くないですか?
一番ビックリしたのは、ウマヅラ・・・・(;゚Д゚)
私の地元ではカワハギって呼んでましたけど。
皮をはぐ=カワハギもどうかと思いますが、ウマの面もいかがなもんでしょう?

話がそれてしまいました。・・・軌道修正。
ツバイソを刺身にしました。
右側にあるのはツバイソのなめろうモドキです。
夏に家庭菜園で食べ切れなかったシソを味噌漬けにしていたものと
刻んだ生姜といっしょにたたきました。
なかなか美味でした。

つばいそのおさしみ

もう一品は不味いか食べられるかのチャレンジ作品です。
カルパッチョ?です。
ツバスノカルパッチョ
可もなく、不可もなく・・・といったカンジでしょうか。
素材がいいのだから、もっと美味しく調理できるはずなのに
味がぼやけてしまって・・・・ぬぼぉ~ん。

なめろうに軍配が上がりました。

サムゲタン

サムゲタン-あしのほう
日増しに寒くなりました。
去年あたりからちょーっとブームになっているような気がします、参鶏湯
つくってみたいとずぅーっと思ってたのですが
丸鶏一羽を調理する気がなくて、ずっと指をくわえているだけでした。
ネットでいろいろレシピを検索していたら
1羽丸ごと使わなくてもできるレシピがたくさん見つかりました。

初めて挑戦します。
なのに、こんなお粗末な写真・・・・・

作り方は簡単です。
お鍋(今回はストウブ使いました)に
骨付き肉・しょうが・ねぎ・ナツメ・松の実・もち米
をいれて弱火で煮込むだけです!
本当にそれだけ。
あ、お水も入れました。(笑)

とちゅう吹きこぼれそうになること3回・・・・
あぶなっかしい工程を得て♪できあがり~

お皿にとって塩コショウで好みの味付けに仕上げます。

・・・・あれ?
そうだよね?
きっと、初めて作った初めて食べる味だからだよね?

ふつー  すぎる。

「鶏肉を煮込んだ」塩コショウ味の料理です。
ドストレート過ぎな味です。

こんど外ごはんでサムゲタン食べてみるべきですな。
とほほ

ちく玉天うどん

ちく玉天うどん
そとごはんです。
讃岐うどんです。

ちくわの天ぷらと半熟卵の天ぷらの具です。
ちくわだけでおなかいっぱいになれるんだけど
なんでかビジュアル的にたまごドゥォォ~ン!って感じがほしくて
「ちく玉天うどん!」と頼んでしまいます。

天ぷらうどん

と、これはツレがたのんだ
天ぷらうどんです。
おいしそうなえびがうらやましかったですよ。

豚バラと大根の炒め煮

豚バラと大根の炒め煮
私の携帯、auのW61CAには「モバイル辞典」というのがありまして、普通の辞書機能のほかに
「今日の夕ごはん365日」っていうレシピ集も搭載されています。

今回はそのレシピを参考に食材を大根で絞ったら出てきたレシピです。

美味かったです。
お手軽に出来るわりに美味しくて大根の消費も早くて嬉しいレシピでした

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。