スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤのチャーハン

ゴーヤのチャーハン

お気に入りのお料理ブログばーさんがじーさんに作る食卓からレシピを頂戴する。

ん~っ!うまいっ!!
ゴーヤにこんな食べ方があったなんて眼からうろこです。
レシピでは、にぼしの頭とお腹を取って・・・・とありましたが、購入した煮干(※)がそのまま食べてもいいというような説明だったので
手間も省けて栄養も取れて一石二鳥!ってことでそのまま乾煎りしました。

ちょっと、癖になりそうです。
スポンサーサイト

ズッキーニのジェノベーゼ

ズッキーニのジェノベーゼ
お化けきゅうりのようなビックサイズのズッキーニを見つけたので
もったいがらずにいろんな料理にチャレンジ!

とはいえ、簡単に出来る料理もさして思い浮かばず
冷蔵庫の中でいまかいまかと出番を待っているジェノベーゼとあえることにしました。

ズッキーニはシマシマ模様に皮をピーラーでむく。
5mmぐらいにスライス
熱したフライパンにオリーブオイルを多めにひいて軽く焼き目をつける程度に揚げ焼きする。
キッチンペーパーで余分な油はおさえておく

あら熱が取れたらジェノベーゼとあえる。

思いつきとはいえ、なかなかいけました。

スモークサーモンとホタテのミルフィーユ

スモークサーモンとホタテのミルフィーユ

美味しいスモークサーモンがお手ごろ価格で手に入ったので
単一で味を堪能したのでオードブル風にアレンジしてみました。
美味しくできるかどうかは不安でしたが・・・・

紫タマネギをあらみじんにして、水にさらしておく。
お皿にセルクル型をおいてその中に具材を重ねていく。

お刺身用の貝柱を4枚ぐらいにスライスしたものをならべる。
スモークサーモンを並べる。
キッチンペーパーで水分をよくふき取ったたまねぎを敷く
ホタテを並べる
スモークサーモンを並べる。

食べる直前まで冷蔵庫で冷やし固めておく
食卓に出す前に型から抜いて、まんなかにイタリアンパセリをあしらう。
黒コショウをがりがりとする。
オリーブオイルをひとたらし、バルサミコビネガーもひとたらし。

できあがりです。
スモークサーモンの塩分があるので
下味処理はまったくしてません。
ホタテのうまみも味わえている、かな?

好評でした。

カポナータのオレキエッティ

カポナータのオレキエッティ

この夏作ったカポナータの残りを使ってショートパスタと絡めました。
ショートパスタの中でもオレキエッティはけっこう好きなほうです。
オルガネッティもソースが絡んでバリうまなのですが
ほどよいサイズがちんたら食べられるのでお酒のおかずにちょうどよいのです。

ちぎってあるのは家庭菜園のバジルです。
この猛暑でバジルの成長がおかしくなってきたのか
こんな早い時期から狂い咲きしました・・・・
適切な対処策をだれか教えてください(涙)



活アサリと和野菜の冷製フェデリーニ

活アサリと和野菜の冷製フェデリーニ

外ごはんです。
冷製パスタってこんな組み合わせもあったんですねぇ
新鮮な出会いでした。
すだちがさっぱりしててよかったです

生春巻き-カリフォルニア-

生春巻き-カリフォルニア-

野菜喰らうぞーっ!ってときは、コレ!
生春巻きです。
お酒のアテになりつつ、生野菜がどっさり食べられちゃいます。
今回は-カリフォルニア-と銘打って作ってますが
なんのこたぁない、スタンダードな焼き豚の具じゃなくて
カリフォルニアロールとおなじ、サーモンとアボカドを入れてるだけなのです

近所のスーパーでも手に入るライスペーパーです。
これって、裏の説明どおりに生春巻きの皮?を戻してるとホントに手間がかかるんで
どうかとおもうんですがもっと簡単な方法で私は戻してます。

<準備するもの>
水道水(お湯)
キッチンペーパー数枚
ライスペーパー

ボウルは使いません!

やり方
1:まず、キッチンペーパーをびしょびしょに濡らして平らなところに広げる。
2:水道水(お湯)でライスペーパーを水浴びさせくぐらせて、濡らしたキッチンペーパーの上に置く。
3:2の上に水を含ませて軽く絞ったキッチンペーパーを広げる
4:2と同様に水道水をくぐらせたライスペーパーをキッチンペーパーの上に置く

これを必要枚数分繰り返すのです。
要するに、適量の水分で常にライスペーパーを保湿しておけばいいのです。
必要とあらば、濡らさないで乾いたままのキッチンペーパーを重ねることもあります。

5:一番初めに使うライスペーパーは一番下のから。天地をひっくり返して使ってください。
(はじめに濡らしたキッチンペーパー=一番水分を含んでいる、ぶよぶよになる傾向有り)



中の具材は何でもいいでしょう。袋の裏に書いてあるとおりにしても。
今回はベビーリーフと水菜、きゅうりとシソ+サーモン・アボカドです。
つけダレはスィートチリソースにちょっとマヨネーズを混ぜて食べました。

悪くはないんですが生春巻きはベーシックなのがいぃかな・・・と思いました(^_^;)

そーめんちゃんぷる

そーめんちゃんぷる


酔っ払いながら作りました。
そーめんちゃんぷるです。
しめじとニラしか入ってません(-_-;)
唐辛子いれてなおかつ一味をどっさりかけています。

ニラの味がしっかりしすぎてて調和が取れておらず
あんまりおいしくありませんでいた。

酸辣湯もどき

酸辣湯もどき

再び写真がでかすぎです。
棒々鶏を作ったときに余った胸肉と、下湯でしたときに出たスープを使って
サンラータンっぽいものを(めざして)つくってみました。
ガラスープに酒と塩、コショウを入れて醤油を気持ちプラス。
しあげに黒酢をひとたらししたらできあがり。

アジアンな仕上がりになりました。

フルーツトマトとバジル、冷製パスタ

フルーツトマトとバジル、冷製パスタ

夏ですからね、パスタ食べるのも冷製がするりと入って食べやすいです。
作るのも冷製のほうが汗かきすぎないでラクかもしれません。

カプレーゼを作ったときの美味しいフルーツトマトが余ったので
冷製パスタを作りました。

湯むきして、カットして、ちぎったバジルとあえて。
シオコショウ、オリーブオイルで下ごしらえをしたソースは冷蔵庫で冷やしておく

1.4mmのアントニオアマートをゆでて水でしめたら
冷やしたソースとあえてお皿に盛る。
上からスプーン1杯のオリーブオイルをたらし、チーズとコショウをかける。
飾り付け用のバジルの葉っぱを添えたら出来上がり。

美味でした。

アジのジェノベーゼ、冷製パスタ

アジのジェノベーゼ、冷製パスタ

某イタリアンレストランでこの組み合わせを味わって以来、虜になった冷製パスタです。

冷製パスタといえば、トマトとバジル、モッツァレラチーズが有名ですが
よければ、これを試していただきたい!
アンチョビ系のおさかなパスタが好きな方なんかは特に!!
なので、普段は面倒くさがって書かない作り方も今回は頑張って書きます!

レシピ(2人前)
アジ(刺身用):1匹分
ジェノバソース:80ccぐらい?
エクストラバージンオリーブオイル:適量
塩コショウ:適量
粉チーズ:お好みで。
生バジル:適量
パスタ:80g×2人前分(1.4mm以下をおススメします)
(※パスタの分量は、80g(メイン料理つき)か100g(メインがパスタ)が適量らしいです。)

パスタを茹でるより先に、アジの下ごしらえ
アジを三枚におろしたら、骨をとって、薄めにスライス
最終的に2人前のパスタが入れられる大きさのボールにアジを入れて
塩コショウ、ジェノバペースト、オリーブオイルをいれて
味を馴染ませる。(冷蔵庫や冷凍庫で冷やす)

パスタを鍋に投入。
氷水を用意してください。
冷製パスタは、そうめんのように最後に氷水でしめるので
温かいパスタのように茹で時間を表示時間より短くするのではなく
表示時間まで茹でてみて食べて確かめてください。
ちなみに今回茹でたパスタは6分という表示時間でしたが
6分茹でた段階で、氷水でしめるとまだちょっと硬かったので長めに茹でました。
時間を見てザルに上げ、氷水でしめます。そうめんみたいにゴシゴシもむ必要はないかなとおもいます。

しめたパスタの水をよーーーーく切って、冷やしていた具材とあえます。
塩こしょうで味を調え、オリーブオイルも加えるとよいでしょう。
盛り付けて、粉チーズと生バジルを飾って出来上がり。
今回は、ジェノバソースの中にも生のバジルをちぎって入れています。
ジェノバソースは去年作ったものを冷凍保存していたものになるので
今年のバジルを加えることでフレッシュな風味が味わえているのではないかとおもってます。

せっかくの冷製ですから、あらかじめ、盛り付けようのお皿をひやしておくのもいいですね。

では。
今回は頑張ったー!

空心菜の炒め物Ⅱ

空心菜の炒め物Ⅱ

画像、でかすぎたのでクリックしてください。
空心菜、再び入手できたので
例によって例の炒め物です。

ラム肉。

ラムチョップ

ストウブで、わが家は週末レストラン―予約がとれないイタリア料理店「カーザ・ヴィニタリア」原田シェフ直伝のレシピを参考にラム肉を調理しました。
塊だと画的にいいのですが、ラムチョップみたいに断面までにハーブ類をぬりこめないので臭みが消えにくいのでしょうか、ちょっと臭みが残ってたような気がしました。でも、それも風味だといってしまえば美味しかったです。
ローズマリーは自家栽培。逆方向に伸びてる枝っぽいのはタイムの茎です。

見切り品のハーブや家庭菜園で取れすぎたバジルなどは捨てずにドライハーブとして活用しています。
バジルは乾燥してバーミックスでミルしときます。
ちょっとしたときに手軽にバジルの香りが楽しめていいですよ。

きのこペースト

きのこペースト

NHK「きょうの料理」落合務シェフのきのこペーストを作りました。
・マッシュルーム
・ブラウンマッシュルーム
・しめじ
・しいたけ
・まいたけ
をいれました。

ニンニクを入れているので平日の朝はなかなか手が伸びませんが
同ペーストを使ってのレシピも同じく紹介されているのでトライしてみたいと思います。
冷蔵庫で1週間持つそうです。
作って一晩置いたら味がしみこんでうまそうなので時間差で使うことにします。

NHKのきょうの料理にはたくさんの講師が出る。
ラ・ベットラ、アルポルト、アクアパッツァ、イルギオットーネ、ポンテベッキオ!!
本当に贅沢な番組だ。
しかも、一定期間、レシピ掲載されてるし・・・・
涙・・・です。

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。