スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルガネッティは美味い。

1

オルガネッティです。
スピガドーロのを昔買いだめしました。
歯ごたえが良く、形状が複雑でソースが絡みやすそうなのが特徴です。

今回は鶏肉のクリームソースです。

はぁ・・・もう11月ですねぇ
スポンサーサイト

黒作りでクリームパスタ

黒作りぱすた
黒造り(イカの塩辛です、ふつうのより風味がよいです)でクリームパスタを作りました。
ただいま療養真っ最中のウワサの料理研究家のレシピを転用しました。

パスタはリングイネを使用。
かなり濃厚な仕上がりになりましたが美味かったです。

蕪と蕪の葉のショートパスタ

マカロニ

ディチェコのミッレリーゲというパスタを調理してみました。
カブが冷蔵庫に残ってたので、牛乳・クリーム仕立てでいただきました。

ショートパスタはテレビ見ながら・ワイン飲みながらの晩御飯にぴったりです。

シチューの余りで。

シチューパスタ
シチューが余ったので
パスタソースに転用しました。

牛乳と生クリームを加えてソース増量しました。

ベタな味でした。
ナポリタンとかミートソースとかそっち系のガッツリなベタ味です。

ほうれん草とパンチェッタのクリームパスタ

パンチェッタとほうれん草
ほうれん草のクリームパスタを作りました。
パンチェッタといっしょに。
にんにくもいっしょにいれてます

おいしかったです。
今回も10分で完食していただきました。

ははは

明太子クリーム

明太子クリーム
最近、パスタはクリーム系ばかりです。
夏らしくあっさりとそうめんとかざるそばとか食べればいいのに
季節感無視です。

冷蔵庫に明太子があまっていました。
生クリームも1/2カップあるし、明太クリームで。おなか膨れりゃってなカンジで軽い気持ちです。

フライパンにつぶしにんにくを入れてほんの少しのオイルで熱する。
     ↓
インゲンとしいたけを炒める。パスタも茹でる。
(しいたけの軸は、インゲンより細くパスタより太く手で裂いてパスタと一緒に茹でる。)
     ↓
炒めた野菜に軽めに塩コショウする。
     ↓
生クリームを入れる。同量の牛乳を入れる。
     ↓
明太子を入れてほぐす。(ソースの出来上がり)
     ↓
茹で上がったパスタを絡める。いい塩梅に整えて皿に盛り付ける。
     ↓
いただきます。・・・美味でした。

近いうちにトマトソースも作ってあげなくちゃいけないと思っています・・・・すまんね、ツレ。

ニョッキ、にょきにょき。

じゃがいものにょっきにょきにょき

ディチェコのニョッキです。
普通のサイズよりひとまわり小さいサイズでした。

ベーコンとたまねぎ、生クリーム・牛乳でベタに作ってます。
赤ワインとともに。

美味でした。

ツバイソのカレークリーム

カレークリーム

つばいそ(関西ではツバスというらしい)がお買い得だったので
豆とたまねぎと一緒にカレー煮をしたんですが
食べきれずあまっておりました。

前日に食べ残した「しまがつお」というお魚をムニエルにしたのも加えて
カレークリームソースで仕上げて、アスパラと一緒にパスタで食べました。

ベタというか、直球勝負の味にツレは大満足です。
100g以上120gぐらいはあろうかというパスタを完食いただきました。

スモ-クサーモンとマッシュルームのクリームパスタ

インターネットでよく買い物をします。
野菜やお酒、近所では入手しにくい食材、などなど。
で、今回はシェフプライドさんで買い物をさせていただきました。

お目当ては、パテ!田舎風パテ!パテ・ド・カンパーニュ!です。
コレをワインと一緒につまむのが夢だったんです。
しかもガーベルデリカテッセンじゃないですか!
ネットとかで評判のハム・ソーセージやさんですよ、たしか・・・・
ってことで、テリーヌの神様(いたら、見てみたい)がこの機を逃がすべからずと
わたしに啓示を授けてしまわれました。

前置きが長くなりましたが
そのときに、スモークサーモンを一緒に買いました。
サラダ用とありますが、何をもってしてサラダ用とするのかよく判りません。
サイズがまちまちなだけでした。
味も他の商品と比べるとちょっと劣るんですかねぇ そんなのわかんないのでいいです。
なににせよ、スモークサーモンがお買い得でした。

パンに乗せたり、セルクルでミルフィーユ仕立てにしたり、そのままつまみで食べたり
結構、毎食食べてましたがなかなか減りませんでした。
最終的には、加熱です。パスタに入れてみました。


スモ-クサーモンとマッシュルームのクリームパスタ

牛乳と生クリームが半量ずつのクリームソースです。
美味でした。
ディチェコ・フェデリーニでつくりましたが、クリーム系は1.6mmぐらいの太さがほしいですなぁ。

シーフードバジルクリーム パスタ

シーフード バジルクリーム
休日の朝、冷蔵庫には何も有りません・・・・
たまねぎもきのこもベーコンもハムもチーズもありません。
生野菜もまったくありません。

本当は生野菜たっぷりのサラダとホットサンドが食べたい休日の朝でした。
仕方ありません、パスタで我慢しよう・・・・

冷凍庫をがさごそすると、海老が出てきました。
冷蔵庫を見ると、1/2カップの生クリームが残っている!
こ・・・・これはっ!!
クリームパスタを作れと台所の神様が私に言っているに違いない!

ということで、冷凍庫にあった自家製バジルペースト(キューブ1ヶ分、ニンニク結構きいてます)と
これまた頻出のノンオイルツナ缶をつかってクリームパスタを作りました。

そういえば、先日TVを見ていて知ったことですが
超有名なイタリアンシェフが魚貝を使ったオイルソースではチーズはなるべく使わない。といってました。
まあ、言いたいことはよくわかるんだけどさぁ~とぶぅぶぅいいながら
今回は(すでにクリームパスタなのですが)チーズは避けて入れませんでした。

むんもぉっほっほ・・・・・美味!
うーまーいーぞーーーーーっ!!

生青海苔のパスタ

生青海苔のパスタ
近所のスーパーは時々変わったものを売っています。
鮮魚売り場が特にあつい!!です
何があついって、透明のプラスチックにまだ元気いっぱいのサワガニ(?)が値札貼られて売ってたり
成人男性の握りこぶし大ぐらいの大きさの大きな大きなバイ貝が売られていたり
夏になると、鮮魚売り場なのに金魚(これはまだいいとして)や、鈴虫やカブトムシまでうっています。

そんな面白いスーパーなんで、いろいろと面白い食材が売られています。
あんまり、出回らないと思うんですけどね、コレ。
生海苔ですよ。
生海苔。

味が深そうでおいしそうだったので、クリームパスタにしてみました。
酔っ払ったときに作ったので、またもや塩分がきつめになってしまい
最後まで完食できませんでしたが、たぶんいい組み合わせになれる食材だと思います。

こんどまた作ってみようっと。

しめじのリガトーニ

しめじのリガトーニ
この、おおきな穴のショートパスタ。
いつかは食べてみたいと思ってました。
アントニオアマートのリガトーニをちょうど見つけたので買い置きして
満足してたまま調理していませんでした。

先日、再びリガトーニ熱が再燃してたところに
生クリームが1/2カップほど余ったまま冷蔵庫で眠っていたので
ちょうどよい機会でした。

しめじをいためてクリームソースでいただきました。
量の感覚がイマイチつかめず、お湯の中に投入するのに
あやまって1.5倍ぐらい茹でてしまいました、
ソースの量が足りないわっ!と思い、急遽牛乳でのばしダマシでなんとかかんとか・・・・

ソースは美味かったのですが、パスタの茹で加減がもうちょっと足りなかったかな???と。
でも、まぁまぁの出来でした。

カルボナーラ_アルポルト片岡シェフ

カルボナーラ_アルポルト片岡シェフ
過去に何度か書いているかもしれませんが
私はカルボナーラが大好きです。
最近はしていませんが、数年前まではカルボナーラ食べ歩きミシュラン的なことをしていました。
といっても、価格帯は低いところ中心ですが・・・・
カルボナーラなら3日3晩続いても大丈夫なきがします。
それぐらい大好きです。
それでも、お店によってはカルボナーラなんてものを食べたい人は別のお店に行ってください
と、門前払いされそうなこだわりのイタリア料理店もあるらしいです。
そんな日本のイタリア料理界でも私のようなペーペーでも名前を存じ上げているシェフがおります。
アルポルトの片岡シェフです。
パスタに関する書籍もたくさん出版されてますし、TVにもたくさんでていらっしゃるので
ご存知の方もたくさん居るだろうと思います。
この片岡シェフは、カルボナーラを食べてイタリア料理に目覚めたというような話を聞いたことがあります。
そんなお話もある片岡シェフのカルボナーラレシピが
ココにあります。
本買わなくても、それなりに美味しくできます。
この分量を参考にして(と、いうか、分量比をなんとなく記憶の片隅において)自分で台所に立ちました。
で、結果がコレでした。

悪くないです。
さすがです。

カルボナーラ熱、再燃!!かも?

濃厚、カルボナーラ

濃厚、カルボナーラ?


カルボナーラです。
確か、今回のカルボナーラは近所のスーパーで安売りしてた
国内メーカのパンチェッタを使用したものです

私の記憶が確かならば。

塩味がきつかったような気がします。
最近、パスタがうまく作れません。
パスタスランプです。

上に散らしてあるのは自家栽培のイタリアンパセリ

エビのカルボナーラ

エビのカルボナーラ


基本的にカルボナーラに入れる具材はパンチェッタか厚切りベーコンと決めてます。
今回はそれら以外の栄養分?を取りたかったのか(どうかはわかりませんが)気まぐれでエビをいれています

カルボナーラ液自体は美味しく食べれましたが、やはりシンプルレシピだけに余計なモノは要らないというか
エビのうまさは十分に引き出してあげられませんでした

ほうれん草のクリームパスタ

ほうれん草のクリームパスタ


酔った時に作るパスタというものに

まぁまぁ

は、存在しないのです。
ご多分にもれず、このパスタも何杯飲んだかわからないあとに
いそいそと作り出したパスタです。
(※私の記憶が正しければのはなし)

生クリームを使っているくせに
これでもかというぐらい、眼に余るほどのパルメザンチーズをかけてます。
黒コショウもたっぷりです。
おそらく、カマンベールやブルーチーズもちぎってソースの中に加えているに違いありません
一緒に入れて、コク出しだぜぇ~ってなかんじで
コンロの前で小躍りしてたんだと思います。

で、できあがりのほどは
しょっぱかったそうです。
残骸がむなしくのこっておりました

野菜ばっかりのタリアテッレ

野菜ばっかりのタリアテッレ


タケノコが余っていたので
野菜ばっかりの具材でパスタを作りました。
タリアテッレなので、多分クリームソースだと思います。

私が作るクリームソースは、生クリームが主です。
今回はニンジンはパスタ鍋で茹でましたが
ほかの火の通りやすい具材はフライパンで加熱します

フライパンにニンニクとオリーブオイルを温め、香りがたってきたら野菜を入れる。
下味としてコショーと塩味を軽く薄めにしておく
(パスタの茹で汁の塩加減も加味しておく)
生クリームをドバドバ投入し、沸騰させない程度に加熱する。

茹でたパスタと野菜と絡めて出来上がり。
いたって簡単です。


生クリームだけ!というところに

不安っ!ならば→豆乳に変えたり牛乳を混ぜたりすればいい

物足りないなら→高脂肪の生クリームに変える、パルメザンを入れる、ゴルゴンゾーラを入れるなどの乳製品をプラスすればいい

と、思うのですがいかがでしょうか

サーモンとチコリのパスタ

サーモンとチコリのパスタ


クリーム系です。
チコリをパスタに入れるのってどういう感覚で食材の特徴を引き出せばいいんでしょうか

とりあえずやってみましたけどね
可もなく不可もなくでした。

濃厚クリーム

クリーム


冷凍の、えびとアスパラとほうれん草をつかって
生クリーム大量の高脂肪濃厚クリームソースを作る。

ときどき、無性に食べたくなるクリームソース。
ホワイトソース作るよりもものすごく簡単に出来るので楽チン。
美味でした。

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。