スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイですけどね、いや・・・・

最近、お料理関連のエッセイをよく読みます。
で、コレ2作。


もの食う本 (ちくま文庫)もの食う本 (ちくま文庫)
(2011/12/07)
木村 衣有子

商品詳細を見る


千葉出身のライター、アラサー女子。
学生時代に京都市内に住んでいたらしいです、京都市内の人の京都イズム?的なものが
けっこう的確に語られています。
とりあげる本は森茉莉から江國かおりまで時代関係なく、
「牛を屠る」から「センセイの鞄」までジャンル問わずです。
着眼点はとってもいいんですけど、文体がね・・・・いけない。
非常に読みづらい。
随筆家と称されておられるようですが、どうなのでしょうか。
「さりながら」という接続語を多用しすぎにもほどがあるのです。
目に余る。読み進めていくうちに嫌気が差すほどです。
「さりながら」禁止令を発したいと思います。



夜中にジャムを煮る (新潮文庫)夜中にジャムを煮る (新潮文庫)
(2011/11/28)
平松 洋子

商品詳細を見る


つづいてこちら。
ご高名はかねがね・・・で、なんかのついでに本屋で購入。
この方の文章も読みづらかった・・・・まだ前挙よりはよかったですが
なれないと非常に辛いものがありました。
「もの食う本」の印象が強烈過ぎたせいかもしれません。
このかたも「さりとて」という言葉を多用するような気がしました。
(なんとなく感じただけですけどね)
全体的に夜中のラブレターっぽい雰囲気が漂ってます。
情熱で推敲せずに書き上げました!っていう。
ただ、食の書籍としては結構参考になりましたよ。
ほぉ~とかへぇ~とかふむふむとか。
水餃子のところは特に(写真つきだったのでよく分かった)

料理関連で読み応えのあるエッセイといえば
ケンタロウのは面白かったなー。
私、ケンタロウのレシピ本は一冊も持っていませんが
文庫のエッセイはもってます。あれは笑える。
スポンサーサイト

食べ物関連の邦画多いですよね、最近

石井聰亙と和田聰宏の区別が付きません、わたし。
ゲシュタルト崩壊をたびたびおこします(笑)

先日、録りだめしてたHDDより邦画を見ました。
出演している和田聰宏があまりにもぺ・よんじゅんに似ていたのでびっくりしました。
あれは、オマージュという隠れ蓑にまぎれてのパロディなのでしょうか。
ということで、若かりしころの(今でも充分若いけど)仲りいさを堪能しました。


純喫茶磯辺 [DVD]純喫茶磯辺 [DVD]
(2009/02/06)
宮迫博之、仲里依紗 他

商品詳細を見る


本編は可もなく不可もない作品です。
ただただ、仲りいさの若さ溢れる身体と、風呂上りの濡れ髪に見惚れるばかりです。
(おっさんか!>おっさんですわ)
あと、鑑賞後はわたしも食品衛生責任者の講義を聞きに行こうかと思わされます。


今日は二本立て。
とある手段で蒼井優の映画をみました。
公開当事は、なんで蒼井優はこんな映画を選んだんだろう・・・・と思っていましたが
ミルクマン斉藤が(http://lmaga.jp/article.php?id=1220)で2011年邦画ベスト1と挙げていたので
見る気になりました。


洋菓子店コアンドル [DVD]洋菓子店コアンドル [DVD]
(2011/09/21)
江口洋介、蒼井優 他

商品詳細を見る


蒼井優の必死な演技っていいですよね。
コアンドルシェフ(アンパンマンの声の人)が怪我で入院して、江口洋介に助けを求めに行ったとき
ひっしで鹿児島弁で叫ぶんです、あのシーンがよかった。
蒼井優本人は「どこか田舎の女の子のキャスティングが多い」とTVでなげいていましたが。


蒼井洋菓子店~大好きスイーツ・ベスト88~蒼井洋菓子店~大好きスイーツ・ベスト88~
(2011/01/27)
蒼井 優

商品詳細を見る


蒼井優、こんな本も出してます。
無類のカキ氷好きなのに・・・・

ナツメの試作品のカシスのケーキが食べたくなりました。
あと、フランスのお菓子『ガレット・デ・ロワ』とかいうの、あれがさくさくでうまそうだったなー

ひさしく、ケーキを食べていません。
ケーキ!ケーキ!ケーキ!

タブーだから美味い


イスラム飲酒紀行イスラム飲酒紀行
(2011/06/25)
高野 秀行

商品詳細を見る


今、こんな本を読んでいます。
表紙の写真はまるで工場萌えファン(私も工場の夜景好きです)が
撮影したかのような美しい夜景です。
しかし、タイトルが穏やかではありません。

イスラムの人はお酒を飲んではいけないのです。
家でちびっと飲む程度には許されているらしいのですが
公共の場ではタブーなんだそうです。

わたしは羊が大好きなのでイスラム圏にすんでも大丈夫よ!生きていけるわ!!と
かつては豪語しておりましたが

前言完全撤回!

後ろめたさを感じながら飲む酒なんて美味くもなんとも無いわ!!

著者のアルコールにかける情熱は
まるでアンソニー・ボーデインのそれとよく似ています。
面白いです。ぜひ、ご一読あれ。

男の料理


図解 さかな料理指南 (新潮文庫)図解 さかな料理指南 (新潮文庫)
(2005/10)
本山 賢司

商品詳細を見る


こんな本を読んでおりました。
包丁1本を携えて、全国津々浦々、漁港や魚市場や事務所や野外でいろいろと
男の料理を図解で紹介している、なんとも爽快な一冊です。

どう爽快かというと、計量がまずコッヘル(みたいないヤツ)なのだ。
料理指南というからには、1カップ(200cc)の計量カップを使うべきところを
ウチにたまたまあるコッヘル、計ってみたら180ccでした~みたいなゆるさ。

とまぁ、こんなもんだから
料理も気前がいいというかきっぷがいいというか。
簡単な料理がほとんどです。ただ、魚の鮮度が問われるぐらいで(-_-;)
アラだしでいろいろメニューを紹介してくれてるのもうれしかった。

蛇足ですが、巻末の関連書籍の紹介が
開高健だったり、辻静雄だったり、池波正太郎だったりしたのが、じみーに笑えました。

今となっては貴重なレシピ本です

今、本屋さんで並んでいるレシピ本の多くは
雰囲気重視というか、装丁やページレイアウトが重視されているようで
レシピそのものが少なすぎると思うのです。

ここ4・5年間定期購読していた某料理雑誌もその理由で定期購読をやめてしまいました。
(料理本のクセに付録なんていらないんですよ!)

と、憤懣やるかたない気持ちをぶつけるのがこの本です。

arimotoyouko

別冊saita「有元葉子のシンプルレシピ」(¥520)です!
これ、実は私が一人暮らしを始めたときに
近所のセブンイレブンでなんか料理雑誌を・・・と思って購入したムックです。

今となっては貴重なレシピ本ですよ。
有元葉子のフルレシピ(和・洋・中・エスニック・酒肴など)が200以上あります。
昔のレシピ本はすげーなと。今の編集者さんに見せたいくらいです。
有元葉子さんのエスニックレシピはとても参考になる。
初心者でもレシピを見て、「食べたい!」から「作ってみよう!!」と取り組みやすいものになっています。


手作りたれ工房―ソース、ドレッシングも豊富に (マイライフシリーズ特集版―素敵ブックス特別版)手作りたれ工房―ソース、ドレッシングも豊富に (マイライフシリーズ特集版―素敵ブックス特別版)
(2001/05)
有元 葉子

商品詳細を見る


ちなみにこの本も持ってます。
この本、すっごく使えるやつです。
近所のショッピングモールの本屋で600円ぐらいに値引きされてたので購入しました。

http://www.garitto.com/product/11898084
「お気に入りの米料理」これももってます。
なんか、食べたくなる米料理ばっかりです。

Olive Bar―有元葉子のオリーヴオイルレシピOlive Bar―有元葉子のオリーヴオイルレシピ
(2006/06)
有元 葉子

商品詳細を見る

これは、いつか欲しいなーと思っている本。
でも、本の版型や装丁ほど中身が充実してないのが痛いところ。

Bar!Bar!Bar!

映画『探偵はBarにいる』を見てまいりました。
すみません、大泉洋がちょこっとだけ好きです。

で。この本編は予告VTR以上に面白い仕上がりなので
人間好き酒好きミステリ好きは見といて損はないかと思います。

で、Barにいるよろしく鑑賞後は酒が飲みたくて飲みたくてたまりませんでした
とりあえず一番近い立ち飲み屋でひとりウヰスキーWといいたいところですが
そっこはぐっとこらえて、がまんのびーる!そしておかわりは
バーボンソーダといきたいところをぐーっとこらえてハイボール!

立ち飲み屋で場末の雰囲気に飲まれて隣のオネエサマに絡まれ酒でした。

・・・・すいません。リアルに素でした。

余談ですが、大泉洋がNIKKAウイスキーのCMをしているので
Bar(オーセンティックな感じです)に並んでいるボトルは宮城峡とかでした。
ウヰスキーの銘柄を指定せずにオーダーするのが控えめで好感持てましたわ。

ニッカのBLENDER'S BAR BLOGにログがありました。

てぇへんだ!てぇへんだ!


Real Wine Guide (リアルワインガイド) 2011年 10月号 [雑誌]Real Wine Guide (リアルワインガイド) 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/15)
不明

商品詳細を見る

円高とか震災のこととかいろいろあったので
前号の特集の流れ?あおりを受けて
秋号は旨安特集を自粛するのかなーと思っていました

いやー すんません。
ちゃんとがんばってくれてたんですなー

こんど本屋さんで立ち読みしよう。
つか、バギーパンツはいてますね、この江口寿史。
オサレさんだなー 旨安ワイン特集らしく庶民的なイメージ?なのかしらむ。

ミソ・スープは哲学する


空の食欲魔人 (白泉社文庫)空の食欲魔人 (白泉社文庫)
(1994/09)
川原 泉

商品詳細を見る


小学生から中学生まで、白泉社の「花とゆめ」をよんでました。
川原泉氏の漫画は今でも大好きです。
絵のタッチはいわゆる少女マンガの絵なのですが
書いてる内容が全然少女マンガしてません。
恋愛物であることは多いのですが、ほぼ哲学がらみです。

大人になっても漫画文庫を読み返すことは多く、先日も自分の本棚から持ち出して読んでましたら
味噌汁が飲みたくて飲みたくて仕方なくなりました。
この本に収録されている「ミソ・スープは哲学する」という小編です。

とまあ、内容については哲学がらみなのでへっぽこブロガーから
お伝えすることは不可能です、読んでください。

ということで、味噌汁作りました。
作りましたとあえて言うほどの味噌汁ですから「とうふとわかめ」のような
スタンダード味噌汁ではありません。ガッツリ味噌汁です。

みそしる

ごま油でいためた豚バラに冷凍した油揚げを刻んでいれ
短冊切りの大根、ささがきのごぼうを入れます。
和風だしの素をいれて味噌といてネギ散らして出来上がり。
ガッツリな豚汁です。

そういえば、豚汁って「ぶたじる」?「とんじる」?どっち???
わたしは後者ですがね。

映画『昼間から呑む』


cinema


韓国映画です。
ロードムービーだそうです。
タイトルからして面白そうです。

くわしくは↓こちら↓
公式HP 『昼間から呑む』

予告URLのっけときます。
youtubeのコメントにあるように、
アップされてる説明文が映画の内容とかなり違いますケド。
予告『昼間から呑む』 youtube

real wine guide


Real Wine Guide (リアルワインガイド) 2010年 10月号 [雑誌]Real Wine Guide (リアルワインガイド) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/15)
不明

商品詳細を見る


年に一度だけは買っています。
秋に特集が組まれるウマ安号。

っていうかこの雑誌が\1,800するんですが
取り上げてるワインより高いってどういうこと~

地味に笑えます。

映画に出てくる、アレ。


ジブリ映画に出てくるハムって分厚くてウマいんだろうなァ
クレイマークレイマーのフレンチトースト、うまそうだよな

ってことで、本日は映画に出てくる食べ物について。

Cinema Table シネマテーブル[映画の中のレシピ]Cinema Table シネマテーブル[映画の中のレシピ]
(2008/10/16)
高橋 ヨーコ(写真)岡尾 美代子(スタイリング)

商品詳細を見る


世間にはこんなレシピ本もでてるみたいです。
最近人気の飯島奈美さん監修の映画・映画レシピ本も例もありますね。
なんかもう、TVも本もメディアは「食」に訴えときゃー数字取れるって思ってるんですかね?
まぁ、わたしもそれに踊らされてる人間の一人ですけど。

過去に見た映画で、いまでも気になっている食べ物といえば

美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]
(2005/10/28)
イ・ビョンホンカン・ヘジョン

商品詳細を見る


「美しい夜、残酷な朝」≪香港編≫です。 ちょこっとホラーですよ。

■香港篇 『dumplings』
■ストーリー:いつまでも若く、美しく?それは全ての女性の夢。リー夫人(ミリアム・ヨン)は成功した事業家の夫(レオン・カーファイ)と結婚し、引退した身。だが幸せなマダムとしての日々は長くは続かず、夫は若い愛人と逢瀬を重ねていた。キンは衰えていく美貌にふたたび若さを取り戻し、自分の生活を守りぬこうと決意を固める。彼女は財力とコネを駆使し、大陸からやってきた謎の女メイ(バイ・リン)が作る美と若さの特製餃子にたどり着く。必要なのはほんの少しの勇気。餃子の中身を知った彼女は驚愕するが、すでに永遠の美という禁断の夢から引き返すことはできなかった。
■http://www.ne.jp/asahi/betty/boop/dumplings.htm 販促ポスター?めっちゃコワイ((((;‘Д’)))


この特製餃子、皮からちゃんと作る水餃子なんですけどね、
(きっと)モチモチしてて(きっと)歯ごたえよくて(きっと)深みのある味わいで
はぁ~ 美味しいんだろうなァ 病み付きになるんだろうなァ と、思ってしまうわけですよ。
美味しくってなおかつ若返りができるんなら、ほんの少しの勇気ぐらいふりしぼります、アンパンマンばりに。

水餃子、食べたくなってきた。では、再見!

憧れの。

わたしは
料理本を買って(作らずに)眺めるのが趣味
・・・・もしくは料理本の蒐集が趣味です。

で、今回本屋さんで一目惚れして買ってしまいました。


家庭で作れるトルコ料理家庭で作れるトルコ料理
(2009/05/14)
荻野 恭子

商品詳細を見る



・・・トルコが好き!というわけではないのですが、
ラム肉が頻繁に使われるらしいのでトルコ料理が大好き!なのです。
「世界三大料理の魅惑のレシピ」らしいですからね、むふふ。
作ったらまたUPします。

この本は、トルコ以外にもペルシャとかロシアとか、マイナー(失礼)な
お国料理の本があります。



仔羊料理大全―フランス料理のエスプリが一冊で学べる(旭屋出版MOOK)仔羊料理大全―フランス料理のエスプリが一冊で学べる
(旭屋出版MOOK)

(2003/11)
不明

商品詳細を見る


これは、いつの日か大人の階段をのぼる日が来たら買いたいと思っている
専門料理過ぎて手が伸びない「仔羊大全」
かっこいいなー
実は、この本もシリーズ化されている本で
「ジビエ大全」とか「じゃがいも大全」とかあります。
ただ、ジビエにいたっては捌き方からのってたと思うので
山に行って、狩りをする人向けです(笑)


http://www.mindana.jp/shelf/MyShelf/norikoBookshelf/book/10055/

料理人の本

料理人の本、デス。
料理本ではありませんよ。
料理人が書いた本です。

料理についてあれやこれやと書いた指南書ではありません。
料理人になるまでの半生をオモシロオカシク(?)綴ったエッセイです。

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)
(2005/05)
アンソニー ボーデイン

商品詳細を見る


CATV(ディスカバリ・チャンネル)などで番組が放送されているので
ご存知の方も多いかと思いますが、アンソニー・ボーデインの「キッチン・コンフィデンシャル」です。
まぁ、まずなによりも。シェフになろうと思い立った動機が不純です(笑)
でてくるシェフの全員がおかしいです。面白すぎます。
厨房ってこんなにきれててぶっ飛んでていっちゃってていいのか!って笑いが止まりません。
おすすめです。

エコノマという店をつくるまで あたしの舌が覚えてきたこと。エコノマという店をつくるまで あたしの舌が覚えてきたこと。
(2009/02/27)
中西 麻衣子

商品詳細を見る


2冊目は同じくフレンチのシェフの本です(といっていいのだろうか、よくわかんないけど)
大阪にあるビストロのシェフが書いた本です(現在、ご本人は横浜にいらっしゃるそうです)
小説家になりたい夢もあったというシェフで「ラブストーリー大賞」(たしか幻冬社のやつです)に応募したこともあるとかないとか・・・・めっちゃわらけます。オーケンの大ファンらしいです。
ちなみに現在、コラムの連載もしていらっしゃいます。コチラも面白いです。
巻末の読んでも読まなくてもいいような対談・数連発も読まずに死ねるか!というバカバカしさです。
とりあえず、おすすめです。

次回はまじめな(?)料理本記事をupする予定です・・・・



料理本について

料理本っていろんなタイプのものがありますね。
今回初めて・・・?一般向けではないと思われる専門の本をアマゾンで安く買いました。
最近の変な肉料理嗜好が高じて、ついにこんなものにまで手を出し始めました。

その名も

モツ・キュイジーヌ―レストランの内臓料理モツ・キュイジーヌ―レストランの内臓料理
(2004/09)
大西 敏雅和知 徹

商品詳細を見る


ですよ・・・・
おそらくですね、人間が80年生きていくために食べなくてもすむ食材ばかりだと思うんですヨ。
家庭的な牛鶏豚で肉じゃがとかすき焼きとかトンカツとか唐揚げとか
つくっときゃ~食卓も賑わうのは百も承知なんですけどね。

まー 趣味ですよ。
料理が趣味って言うか、料理本を眺めているのが趣味になりそうなのがコワイところです。

でも、この本はほかの専門誌と比較して調理法や出てくる食材がそれほど難しくないので
お料理を勉強した人でなくてもダイジョウなのではないかとおもって購入!

さ、ハチノス料理頑張るぞ~!

no pasta no life

日々の料理を。 no alcohol no lifeに変えたいです。

プロフィール

nori

Author:nori
-近況-
6月になりますね
野菜がうまい季節です。
LOVE空芯菜!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。